食前デザートダイエットについて

3月 7, 2020 ダイエット

食前デザートダイエットについて

食後のデザートは、それが含有する砂糖の中のブドウ糖によって血糖値が上がり、満腹中枢が刺激を受けるため、ある程度の量で抑えることができます。

そのデザートを、食後ではなく食前に食べるのが「食前デザートダイエット」です。http://cdranepal.org/

甘い物を先に食べることで、血糖値が上がった状態で食事をすることになるので、あまりたくさん食べられなくなります。

ただし、食前デザートダイエットの「食前」とは、まさしく食事の直前のことを指しています。

食前のデザートと食事の間隔が30分以上あると、インスリンが多量に出され、血糖値が下がった状態で食事を摂ることになります。

そうすると、逆に食欲が増えて食べすぎることにもなりかねません。

そして、血液の中にインスリンが多く残留した状態で食事を摂るので、摂取したエネルギー源が脂肪に合成され、さらにインスリンの働きで再度脂肪の合成が生じるので、体脂肪が溜まりやすくもなります。

このダイエット法は、あくまでも「食事の後にデザートを食べていた人が食前に変える」というのが原則であり、今までデザートを食べていなかった人が食前にデザートを食べるようにしたら、摂取するエネルギーの量が増えるので、逆に太ることになります。

投稿者: nobuna