すぐに大きな声で怒鳴るときは

11月 13, 2019 子育て

すぐに大きな声で怒鳴るときは

子供が自分の思い通りにならなかったときにギャーっと泣き叫ばれたりすると、困りますよね。特に習い事の場だと周りにも迷惑だし、先生にも申し訳なく思ってしまいます。そんな時イライラして自分も少し大きな声になってしまったり、また始まったかとため息をつきたくなりますよね。セノッピーの3ヶ月間の効果

そんな時は「大きな声過ぎて聞こえないからちょっと小さな声でゆっくり言ってみて」と言ってみましょう。子供も少し冷静になって、何を言っているか聞き取れるので、まずは何を訴えているのか聞いてみましょう。時間がなかったりすると、「もうやめよう」とか「もう帰ろう」とかさっさとこの状況を終わらせたいと思いますが、「じゃあどうしたいの?」と聞いてみて下さい。

本当はチャレンジしたいのにやり方がわからないとか、時間がない状況に焦っているとか、理由がある程度わかってきます。そうなったら「今日はやめてもいいよ」とか「お母さん待ってるからゆっくりやってもいいよ」など、子供にどうするのか決めてもらいます。自分で決めたことなので、子供は納得して行動してくれます。

 私は子供たちの習い事の先生をしていますが、この方法で対応しています。一見困ったちゃんに見えますが、頑張ろうとしてできなかった、悔しいという気持ちを持っているので、その気持ちを大事にしています。こういう反応をする子は頑張れる子なので、伸ばしてあげたいな、と思います。

nobuna

投稿者:nobuna