作者別: nobuna

東方神起の兵役後最初の日本ライブに行ってみた

私の趣味は韓国音楽です。

その中でもハマっているのは2PMや東方神起など、

5年前の韓流ブームでブームになった韓国人アイドルです。

今ではBTSなど若いアイドルが人気だという情報を聞きます。

けれど私はなかなか若いアイドルたちにはハマらずに、

昔から頑張っているアイドルを今でも応援しています。

先日、東方神起のライブに行ってきました。

なんと兵役後初めての日本でのライブだったのです。

そんな彼らを見ようと沢山のファンが会場を訪れました。

私もわくわくしながら、東方神起のカラーである赤いペンライトを持って今か今かと開演を待ちました。

そしてライブが始まり、兵役前と変わらないメンバーに感動しました。

東方神起の2人は美しくてうっとりしてしまう場面もありました。

でもそれ以上に、兵役前、そして5人だったメンバーが2人になると様ざまな壁を乗り越えた彼らの絆みたいなものを見て、

じーんと感動してしまうこともありました。

2人がバラードで見つめ合う場面が何回かあったのですが、その場面には涙が出てしまったくらいです。

東方神起のメンバーであるチャンミンも、これからはファンとずっと離れないでいたいとMCで話してくれました。

そんなファンとの絆、メンバーとの絆を大事にする東方神起をこれからも応援していきたいと感じました。

オールドファッションなクッキー

時折、無っ性~に食べたくなるクッキーといえば、スタンダードなオールドファッション系のバタークッキー。たまーにお店で丸い缶に入って売られているアレ。いかにもクッキー!っていう感じがイイ。基本的に輸入系お菓子になるのだろうか、そっち系っぽくてそれでいて輸入モノ=しつこい、日本人の口にはちょっとキツイ、っていうイメージを払しょくする味わいが、ああいうスタンダードなクッキーにはあるのよね。

クリスマスを目前に、近所のスーパーにもキラキラしたパッケージでクリスマスギフト系のお菓子が並ぶようになった。そこには缶に入ったクッキーも含まれている。お目当てのスタンダード系じゃなかったけど、ホームセンターのフードコーナーにもあの缶クッキーが並ぶ日もそう遠くないだろうなぁ、なんて思っている。

もし近所で入手できなかったら、Amazonなんかで取り寄せしてでも年に一度は食べたいあのクッキー。あのシンプルな姿かたちといい、素朴でどこか懐かしみのあるような味わいといい、いかにもお茶の時間のお供っていう感じの代表格で、変わらぬあの味わいがやみつきになるようなおいしさ♪時折無性に食べたくなるおいしさの秘密は、そんなところにあるのだろう。そんな伝統的なバタークッキーに、できれば今年のうちにまたどこかのお店で出会えるといいなー♪