カテゴリー: スキンケア

50代からのお顔の悩み

50代からのお顔の悩みの種として、よく上げられるのが、シミ、しわ、ほうれい線、たるみ、ニキビ等ではないでしょうか?10代の頃は、サンオイルを塗ってまで肌を焼いていました。周囲の大人達からは「シミになるからやめなさい!」と何度も言わても、馬の耳に念仏でした。http://www.nisva.org/

何故か自分だけは、シミ等できるはずがない。という不思議な確信があったのを今でも覚えています。ところが、30代を過ぎた頃から少しお肌の状態が20代の頃と変わってきた事に気がつきました。慌てて、美白美容液を試してみたり、外出時には、日傘や帽子を使ってみたりと、これ以上しみを増やさないように努力しました。

しかし、残念ながらしみは日々増えてきています。このままだと、お顔のほとんどがしみだらけになってしまうのではないかと、本当に心配です。何かいい対策はないのかな?と考え、先ずは、コストがあまりかからない食事療法に注目してみました。

すると、日常生活でよく耳にする事が多い食材にも効果がある事がわかりました。それは、ブロッコリー、ピ-マン、ニンジン、トマト、ジャガイモ、タマネギ、サツマイモ、キャベツ、セロリ、リンゴ、グレープフルーツ、キウイフルーツ、オレンジ、そして何と鮭のようです。言われてみれば、やはりビタミンCですね。三度の食事に上手に取り入れ、何とかこれ以上は増えない事を祈ります。

首のイボが年々増え続けています

最初に発見したのは、30代後半頃のことです。ふと首を見ると、茶色っぽいイボのような突起が発生していました。

シロジャム(Sirojam)の効果と私の口コミ!

最初のうちは、放置しておけば自然にポロリと落ちるだろうと楽観的に考えていましたが、イボは自然消滅することはなく、ずっと居座りつづけました。

イボは、ゴマ粒くらいの小さなものですが、ふと気がつくとまた1つ、また1つと増えていき、今では、首に10個以上ものイボが出来ています。

現在は、40代半ばで、年齢的にも、加齢が原因でこういうものが出来るのは仕方のないことだろうと思いつつも、どうにかしてイボを無くせないものかなと思っています。

冬場は、ハイネックの服を着たり、マフラーを巻いたりして隠すことができますが、夏場はそういうわけにもいかず、人目が気になります。

皮膚科などの病院に行って除去してもらうのが一番良いのは分かっているのですが、費用のことを考えると、イボ除去のために病院に行こうという気になれません。

一度、ハサミを使って自力で除去しようと思い、イボの根本をハサミで挟んで切り落そうとしてみましたが、思った以上に痛くて、結局、イボ1個を切りかけて、途中で断念しました。

今は、これ以上イボが増えないことを祈りつつ、朝やお風呂上りに化粧水と乳液を塗って、とりあえず、保湿に気を付けています。

気になるしみや肝ぱんの対策…

乾燥の季節になってきてお肌のトラブルも増える冬。

PLUEST(プルエスト)の悪い口コミを徹底検証!効果なしの悪評は嘘?

冬は乾燥ばかりに注目されがちですが、紫外線がきついとご存知ですか?紫外線は夏だけじゃないんです。

夏は暑さもあり日焼け止めをこまめに塗る意識があると思います。ただ冬にも日焼け止めを塗っている方って案外少ないんじゃないでしょうか?塗っていないならぜひ今日から塗りましょう。

まずしみや肝ぱんが増えやすい原因として紫外線があげられることが多いですね。日焼け止めをきちんと塗り原因とされる紫外線をブロックしましょう。

いまは色んな化粧品が出ていますので日焼け止め入りのCCクリームやBBクリームが出ているので、肌のムラが気になる方はそちらのほうが使いやすいと思います。

次に保湿です。美肌になりたいのであれば保湿が一番!とても大事なことです。肌にきちんと化粧水→乳液を塗ることで乾燥を防げます。乾燥を防ぐことにより肌が潤うのでつっぱり感もなくなります。

出来てしまったしみや肝ぱんは医療用レーザーなどで消せるので、定期的に美容クリニックに通うのも一つの方法かと思います。

しみや肝ぱんは一度出来てしまうと根絶させるのが難しいです。なのできちんと日ごろのケアが大切ですね。

気になるしみや肝ぱんの対策…

乾燥の季節になってきてお肌のトラブルも増える冬。

ハクアージュは市販の店舗で取り扱いあり?

冬は乾燥ばかりに注目されがちですが、紫外線がきついとご存知ですか?紫外線は夏だけじゃないんです。

夏は暑さもあり日焼け止めをこまめに塗る意識があると思います。ただ冬にも日焼け止めを塗っている方って案外少ないんじゃないでしょうか?塗っていないならぜひ今日から塗りましょう。

まずしみや肝ぱんが増えやすい原因として紫外線があげられることが多いですね。日焼け止めをきちんと塗り原因とされる紫外線をブロックしましょう。

いまは色んな化粧品が出ていますので日焼け止め入りのCCクリームやBBクリームが出ているので、肌のムラが気になる方はそちらのほうが使いやすいと思います。

次に保湿です。美肌になりたいのであれば保湿が一番!とても大事なことです。肌にきちんと化粧水→乳液を塗ることで乾燥を防げます。乾燥を防ぐことにより肌が潤うのでつっぱり感もなくなります。

出来てしまったしみや肝ぱんは医療用レーザーなどで消せるので、定期的に美容クリニックに通うのも一つの方法かと思います。

しみや肝ぱんは一度出来てしまうと根絶させるのが難しいです。なのできちんと日ごろのケアが大切ですね。

頭皮の痒みとフケが改善しました

私の頭は昔から痒みとフケがたくさん出るほうだったので、学生時代から悩んでいました。

私の通っていた学校は黒色の制服でしたので、フケが落ちるととても目立つために、同級生からもよくからかわれていたのです。PLUEST(プルエスト)の悪い口コミ

それでも学生であればからかわれるだけで済みますが、社会人になってスーツを着るようになると、清潔感がなければ信用問題に繋がります。

そこで私は大学を卒業する前に、何とか問題を解決しようと考えるようになりました。

私が初めに考えたのは、フケは頭皮がカサカサしているために出るのですから、頭皮に潤いを与えれば良いということです。

頭皮に潤いを与える方法として、初めに行ったのはシャンプーをオイリーなものにすることでした。

オイリーなものにすると、確かに髪の毛のパサつきは減りましたが、痒みとフケに関してはそれほど変化しません。

そのため今度は薬局で相談したところ、頭皮の炎症に効果があるというローションを勧められましたので、購入して使用してみました。

すると今度は以前とは違って、痒みとフケの量が少し減りましたので、より効果の高い薬を使用すれば良いのではと考えて、皮膚科で相談してみたのです。

皮膚科の医師が言うには、薬局で販売されている薬は一般薬なので、皮膚科で処方するものよりも効果が低いと教えてくれました。

そしてその皮膚科では、看護師の人が私の頭皮に十分過ぎるのではないかと思うほど、たくさんのローションを塗ってくれて、自宅でも継続するように言われました。

この治療法は効果てきめんで、三日ぐらいで頭皮の痒みとフケがほとんど気にならない状態まで改善しました。

冬の本番に向けて生活改善

鏡を見ると、ほうれい線が出てきて老けたなってつくづく感じます。メイクをする前に化粧水を塗ってそれから下地とファンデーションを塗ろうと鏡みるとホラーだなと感じます。仕事をこれでいくのはほんとに失礼だなって実感しています。

プルエストは効果なしで効かない?

若いときにはそんなことはなかったのに、老けるってホントに怖いですよね。そういえば最近自分が下を向いて生活していることが多くなっているのも自分の顔が老けていく原因なのかなって思っています。最近はつまらなすぎてマジ辛いです。

仕事が変わっていろんなストレスがかかっていることもあるし、これ以上変えるのは難しそうなのでどうにか改善したいです。冬も本番を迎えて、乾燥がすごいのに自分の顔には油が残って洗顔が欠かせません。自分の足は乾燥が過ぎてかゆくなってるのに体の汗腺みたいのが壊れているんじゃないのかなと思います。

小鼻の脂が一番多すぎて、粉吹き始めてるのか、塩の粒みたいのが出てくるのが最近増えてきました。毛穴が広がる初期段階なんでしょうか。そのあとが頬に残る黒いぶつぶつに替わってくるのかなと悲しい変化を感じています。新年に向けて自分の生活スタイルを変えていかなくてはいけないなと思います。

意外なほど効果があったビタミンCパウダー

ビタミンCの粉末を化粧水に混ぜて使うとお肌が見違える、という美容記事を読んだことがあります。

本当なのかどうか半信半疑でしたが、自分でも試してみようと思いました。

目元のシミもずっと気になっていましたし、何をしても効果を得ることが出来なかったので、半分は諦めていました。

PLUEST(プルエスト)の最安値販売店は?

ビタミンCのパウダーを化粧水に混ぜて使うだけ、という簡単なケアで本当にシミが薄くなったのは、驚きました。

使い始めて2か月後にはかなりシミが薄くなったように感じました。

使い始めてすでに半年は経過をしていますが、今では目元にシミがあったことも忘れてしまうくらい、キレイに消すことができたのです。

しかし残念なことにビタミンCのパウダーを取り扱っている店舗が少ないのです。

購入をしたのは通販サイトでしたが、定期購入が条件ということもあったので抵抗を感じました。

それでも悩みを解消させることができた、というのは結果的にプラスになったことだと思います。

目元のシミ以外にもくすみが気になっているので、今はくすみが特に気になる部分に使うようにしています。

コスメはある程度の期間使わなければ効果がないので、効果があるものを選ぶというのは自分の勘に頼る部分もあると思います。

ニキビの悩みと自分なりの対策

私は中学生の頃から顔にニキビが出来るようになりました。その頃はまだ気にならなかったのですが、高校生くらいからたくさん出来るようになり、恥ずかしくてクレアラシルをつけるようになりました。そのクレアラシルは肌色なので、少し赤みをおさえて目立たなくすることが出来ました。プルエストはどの通販サイトが最安値?

それと洗顔はビオレなどを使い丁寧に洗い、寝る前はオードムーゲという化粧水をつけてから眠るようにしていました。しかしあまりハッキリとは効果を感じることは出来ませんでした。それから時は過ぎて、色々ニキビに関する対策が多く世の中に出回るようになってきて、どうも洗い過ぎが肌に良くないということを知り、今ではぬるま湯で流す程度にしています。

また布団や枕もきちんと掃除機をかけるのが良いということで、ダイソンの掃除機で月に一度丁寧にかけるようになりました。あと先に述べたように洗顔後に化粧水や美容液を付けていたのですが、何だかベタベタするし、全く効果を感じないので辞めて、サンホワイトというワセリンを使うようにしています。

このワセリンは赤ちゃんが使っても平気という自然由来のものだそうで今では愛用しています。それと洗顔の際の石鹸も出来るだけ自然由来のものを使っています。しかしそれでも今でもコンスタントにニキビは出来ています。

特に仕事など何かプレッシャーのかかるような大きな出来事が近付いてくると大きなニキビが出来てしまいます。それで今ではクレアラシルではなく、ちょっと高めのdプログラムという化粧要素もある治療薬をつけています。しかし結局はストレスをためないことが一番の対策のような気がしています。

私の肌はとても弱くて外に出るときに注意をしています。

私の肌はとても弱いです。昔から色白ね~と言われてきたくらいなのですがやっぱり大人になった今でもそれは変わりません。その分外に出るときの対策はしっかりと行っているつもりなのですがやっぱり日焼けには弱くて毎回ヒリヒリしてしまいます。ビハククリアは市販で購入できる?

そのために最近は子供たちと外に外出するときには全身に日焼け止めはぬるのはもちろん、肌に極力シミが出来ないように隠したり色々な対策を行っています。その分正直シミはあまりできていないのですがやっぱり肌が弱いのだなと感じることが多いです。

このままどうしたら肌の弱さを改善していくことが出来るのかを今考えています。肌が弱い人は日焼けはしない方がいいと思っていて、あまり海に行っても焼こうという事がなくなりました。これからも子供たちが海に行くと思うのですが、その時もあまり焼こうと思わないで気を付けようと思っています。

それは十年二十年先の肌の調子が同じではないという事と、だんだんシミが出来て行ってしまうという事に抵抗があるからです。もう少しお金に余裕があるのであればきっと自分に使えるお金があってシミ対策や美肌対策もできると思うのですがやっぱり色々と考えてそれは出来ないよなと感じるところが多いです。

紫外線のダメージって後から出てくるもの

10代の頃にはあまり気にしていなかった紫外線ですが、20代後半になってくるとシミが出来てきていることに気付きました。

紫外線のダメージってすぐに出てくるものではなく、かなり時間が経過をしてから出てくるものだと思いました。

ビハククリアの効果が凄い…!シミやくすみに使った私の口コミ!

1度出来てしまったシミは中々消えることがありません。

どんなケアをしてもシミが薄くなることは難しいと思いました。

シミがあるだけでお肌の印象も変わってきてしまいますし、シミをカバーするためにメイクを工夫しなければいけないなど、手間もかかってしまいます。

色々なケア方法を試してみました。

色々試して分かってきたのが、ビタミンCの効果です。

ビタミンCはお肌にはよい成分だと言われています。

食事だけで十分な量を摂取するのは難しいので、ビタミンCを多く含んでいるコスメを使ってみました。

すると何となくですが、シミが薄くなったように感じたのです。

ビタミンCを多く含んでいるコスメはドラッグストアなどでも販売されているので、気軽に利用をすることができます。

通販限定でしか購入することが出来ないともなると、敷居が高くなってしまうので、手頃なところで購入できるっていうのも助かります。

継続して使うことができるというポイントにもなります。