カテゴリー: 子育て

これからはじまる毎日のお弁当作り

この春から長男が高校に入学したので、母としてのもう一つの仕事が増えてしまいました。お弁当作りです。

保育園、小学校、そして中学校の頃はすべて給食だったのでとっても助かっていました。しかしこれからは毎日のお弁当作りの献立に頭を悩ませそうです。

近頃はスーパーに行けば色々な冷凍食品や温めるだけのおかずが沢山販売されているので、それを利用しながら工夫をしてお弁当つくりをしていきたいと思っています。

私の子供の頃は冷凍食品など無かった時代でしたが、今では本当に便利になりました。簡素なお弁当箱にご飯とおかずがドン、ドンと載った無粋な弁当ではなくなっています。

それにお弁当箱を、にぎやかというか綺麗に魅せて、可愛く綺麗にお弁当が仕上がっていれば、冷凍のおかずだと分からないのではないかと思います。お弁当箱もいろいろな種類があり、さらにおかずを分けるプラスチックの仕切りにも柄がついているものもありますね。ただ、うちは高校生の男の子です。見栄えより量かもしれません。

それはそれで、私が息子の健康管理をしながらこれからのお弁当作りを楽しんでいけばいいと思っています。

今後の私の趣味の一つとして取り入れていけばいいのかもしれませんね。http://ifrs-rural.com/

子どもの身長を伸ばすために

お子さんが生まれると、「自分の背が小さいけれど、自分の子どもはどのくらい伸びるかしら」と心配になることもあるかと思います。

お子さんの身長を伸ばすためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

セノッピーの効果と口コミ!購入して3か月息子に飲ませた結果…!

身長は「遺伝子」「食事」「運動」「睡眠」が大きく関わっていると言われています。

「遺伝子」はお父さんとお母さんの身長によるというものです。今では「お父さんお母さんの身長と性別」をもとにお子さんの予想身長を計算する公式もあります。

しかし、ご両親の身長が低いからといって、あきらめる必要はありません。

「食事」「運動」「睡眠」といった要素も身長を伸ばす要因です。

「背を伸ばす食事」というと、カルシウム=牛乳、と思うかもしれません。実はカルシウムは骨を太くしますが、身長を伸ばすにはたんぱく質が重要です。好き嫌いをしないことはもちろんですが、肉・魚・大豆といった良質なたんぱく質を意識して採るようにしましょう。

「積極的な運動」をすることは体の新陳代謝を促し、身長を伸ばすのに良い効果があります。

また、身長を伸ばす成長ホルモンは夜10時から2時までの間に出ると言われています。ですから、この時間には熟睡出来ているように、夜更かしをせずに、規則正しい生活をするようにしましょう。